一喜一憂

いわゆる、推しさんへのあれやこれや。

文字より言葉。

最近、推しへの大好きだよアピールが自分でもうざいレベルになりつつある。推しは確かに言葉にして大好きって言ってもらいたいタイプだけど、冷静になると超絶キモチワルイおたくですよね。知ってたけど。改めて痛感している。顔見るなり「好き!!!!」って声にしちゃうのどうにかしたい。でも言う。絶対言う。推しも受け止めてくれているし。

 

思っていることは言葉にしないと伝わるものも伝わらないですからね。「手紙に自分の気持ち書いてるから接触の時には言葉にしない」って友人もいるんですけど、私にはそれが理解できないです。接触の時にも言えばいいじゃん?好きって気持ちが一番伝わるのは手紙じゃないでしょ、言葉でしょ。言葉の安売りって言われたこともありますけど、安売りしてるつもりなんて一切ありません。だって昨日私が推しに伝えた「大好き!」よりも今日推しに伝えるつもりの「大好き!」の方が大きいですもん。毎日好きって気持ちは大きくなってるわけなので、二度と「今日の大好き!」はやってこないんだものー。私の大好き!に対して推しは絶対「ありがとう」って言ってくれますよ。はいはい知ってるからーって流さずにいつもまともに受け止めてくれてます。推しのそういうところが大好き。

顔は知ってるけど喋ったことはないなーって同厨いるじゃないですか。出待ちの時に隣になっちゃったんですけど。推しが私の前に来た瞬間に「推しくんー!今日も世界でいちばんかっこいい大好き愛してるらぶ!」っていつも通り言った時、その隣の同厨がドン引きしてたんですよね。気配でわかるじゃないですか。で、その後私めっちゃ某掲示板で叩かれたんです。絶対叩いてるの隣にいた同厨だろって話で。まぁその同厨もいつの間にか他界されたようなので二度と会うこともないのでいいです。お元気で、とか思うわけねーだろ。二度と現場来るな。

 

 

今日も推しが好きすぎて泣いてます。何であんなかっこいいんだろ推し。早く会いたいな。いや、すぐ会えるけど。