一喜一憂

いわゆる、推しさんへのあれやこれや。

いちばんを継続するということ。

ばたばたっと推しとお話する機会があった、つい先日のこと。

ものすごく時間が押していて(イベ盛り上がりすぎた)接触の時間が短くなったんです。それに対しては全然文句なくて、もうイベ楽しすぎたから接触なくてもオッケー!みたいなノリでした。多分私以外の全員がそう思っていたんじゃないかな。

 

とりあえず爆急ぎで接触に流されて、もうこのペースじゃ一言くらいしか無理だなって思って身を任せてたらたらと並んでいました。いざ私の番になった時に私が何か言う前に推しが突然「〇ちゃん、ねえ!開演前に~~~~したからよろしく!」って言うからぽかーんってなって「まじで言ってる?????」で接触が終わりました。「~~~~」に当てはまる言葉を入れたら完全に身バレするんで詳細控えますけど、推しにとってのいちばんでいられる証みたいなものだったので。ぽかーんってなって実際あとでじわじわ泣けてきて推しの優しさに圧倒的に惚れ直して疲れました。どこまで私の欲しいものをくれるんだろう。推しにとってのいちばんを形にしてくれたみたいで本当に嬉しかった。ありがたいし幸せだし素直に心から喜んでいます。

 

が。

 

やっぱり面倒くさいおたくなので、これからのモチベを考えるとどうしようどうしようってなります。ずっといちばんにしがみ付いていないといけないのだろうか。いちばんになれてしまったら、そこから落ちるのはやっぱり嫌で。多少無理をしてでも、ってなってしまうんだろうか。推しはそこまで深く考えず行動してくれただけなんだろうなってわかっているけれど、自尊心をここまで満たしてもらうと、次の展開が読めなくて困る。私はどうしたいんだろう。ずっといちばんでいられないなんてわかりきってて、だけど今はちょっとしがみつきたいって思ってる。どうせいつかは陥落するのに。その日は絶対にやってくるのに。どうすればいいんだろ。

私が冷めれば手っ取り早いんだよってわかってるけど、当分推しから離れられる気はしない。こんなに好きだよ。秋も冬も全通するのでよろしくお願いします。推し、好き。