一喜一憂

いわゆる、推しさんへのあれやこれや。

言葉にすることで生きる気持ち。

 

この間、推しくんのイベントがありました。

しかし、またもや屋外でのイベント。クソ暑い中推しくんも大変だったと思います。おたくもせっかく可愛いお洋服を着て髪の毛も綺麗にアレンジして、だけど暑さで化粧は崩れるし風で髪の毛もぐちゃぐちゃになるし、本当に運営恨むしかない。まぁイベントの内容的に仕方ないのわかってて観に行っているので、アレと言われたらアレなんですけど。接触もあったんですけど、化粧をなおす暇もなくてほとんど泣いてました。

 

それにしても人が少なかったです。おたくが少なかったです。おかげでゆっくり話せたんでいいんですけど。でも推しくんにはもっと人気になって欲しい。手が届かないところまでいってほしい。そういう立場になったとしても、私の事忘れないでいて欲しい。めちゃくちゃわがまま。とりあえずおたくいなさすぎてプレ渡してるのが自分だけでした。

 

 

推しくん、今日も本当に大好きです。」

「〇〇ちゃんはいつも言葉にして言ってくれるから嬉しいです。」

 

このやり取りが嬉しかったなぁ。推しくんは自分が愛されていることを言葉にしてほしい人です。だから私はいつも大好きって伝えます。恥ずかしい恥ずかしいって言いながら推しくんに何も言えないおたくがいるのも知っているし、それはそれで可愛すぎるなって思いながら微笑ましく見つめているけれど。推しくんは欲しがりさんなので。私だって大好きって言葉にするのは恥ずかしいけれど、推しくんがちょうだいちょうだいするから伝えるんです。言葉にすると薄っぺらい気もするけど。推しくんが思ってる以上に、私は推しくんのことが大好きですよ。

 

どうしても頑張りたいことがあったので、推しくんにおまじないをかけてもらいました。いつもありがとう推しくん。私、やっぱりあなたのいちばんのファンでいたい。誰にも負けたくないし、負けるつもりもない。だからもうちょっと頑張らせてね。全通なんて当たり前だから、それ以上をどうにかして頑張りたいだけなんだ。推しくんが頑張ってる姿を1つでも見逃したくない、それだけです。今月のイベントは1回のみ。だけど来月からいっぱいキラキラした推しくんが見れると思うとわくわくする。早く夏が終わりますように。推しくんとの秋冬が恋しいです。