一喜一憂

いわゆる、推しさんへのあれやこれや。

魔法の言葉

接触イベントについて。

 

推しさんが魔法の言葉をくれたので、単純な私はこれからもずっと応援するし推すしどこまででもついていきます!状態になっています。

魔法の言葉ってそれだけでめちゃくちゃ嬉しくて、しかもそれが特別感をくれるというか勘違いさせてくれるというか、そういう言葉なら尚更嬉しくて。名乗らなくても私が誰なのかわかってくれていて、さらっと名前を呼んで出迎えてくれて、お手紙に書いたあれこれのお返事を直接伝えてくれて。その上で、私の気持ちを受け止めようとしてくれる推しさん。完璧人間なのか、と毎回思います。

 

推しさんが世に出て4年になります。そして私のファン歴は3年半。私より古いファンの人がいなくなりつつあるのにも気付いていますし、新しいファンの方が増えてきたことにも気付いています。マウント取られることもありますし、見て見ぬふりはしますけど、どうしても見えてしまうものだってあります。嫌な思いだって今までにもしてきましたけど、きっとこれから先も理不尽に辛かったりするんでしょう。でも、私は推しさんから離れるつもりはありません。お金も時間も労力も、推しさんのためなら何てことないアレです。私が観なくて誰が観るんだろうって本気で思うこともあります。私が一番のファンだなんて思ってはいませんけど、一番のファンになりたいとはいつも思っているしそれなりに頑張っているつもりです。それを推しさんもわかってくれているんだなって思えるような魔法の言葉が本当に嬉しかった。私みたいなファンがいることを推しさんはわかってくれているんだなぁって。

 

接触イベントは地味に続くので、日々浮かれたまま過ごそうと思います。推しさんにはどこにでも来る人って思われていますけど、推しさんがいるからどこにでも行くんです。こんなにも大好きになれて本当に幸せです。